起業、個人事業主に最適!電話番号の貸出代行サービスを利用するメリット

 
起業、個人事業主に最適!電話番号の貸出代行サービスを利用するメリット


 

「これから起業しよう!」と考えている方、すぐにビジネスをスタートするための準備は万端でしょうか。

最初はスモールスタートであっても、インターネットや固定電話回線は起業に最低限必要な設備です。

特に電話番号は、ビジネスの信用度に直結します。

 

最近ではビジネスシーンでLINE通話を使用している会社もあります。しかしLINEや携帯電話番号はプライベートのイメージが強く、ビジネスの取引相手として信用を得られない可能性があります。

一方、固定電話なら加入権を取得して固定電話回線を引くと、携帯電話のように簡単には解約できませんし、その時点で信頼性は高いといえます。

しかし、「工事代など、最初に大きなコストがかかる」というイメージを持たれている人も多いかもしれませんが、外注で「電話番号をレンタルする」「電話秘書に電話代行を依頼する」という方法があるのをご存知でしょうか?

 

「電話番号レンタル」や「電話秘書による電話代行」の具体的なサービス内容とメリットについて、順番にご説明していきましょう。

 

電話番号の貸出サービスとは

 

固定電話番号の貸出サービスをしている会社があります。

「電話代行」や「秘書代行サービス」を専門としている会社や、住所貸しの他に、電話番号貸しを行っているバーチャルオフィスなどです。

このような会社が提供している「電話番号貸し」とは、一体どのようなサービスなのでしょうか。

03番号(受信用としての固定電話番号)を貸してくれる

 

固定電話回線を引くには工事が必要になりますが、電話番号貸しなら大きなコストをかけずに会社の信頼性アップさせることが可能です。

>電話回線などのインフラがまだ整っていないスタートアップの法人企業や、オフィスをまだ構えていない個人事業主におすすめです。

 

電話番号貸しなら、ビジネス用として受信する固定電話番号、しかも03から始まる主要都市の番号を簡単に取得することが可能です。

料金は運営会社によりますが、月々2,000円~、3,000円~ で利用できる格安の料金設定の運営会社もあります。

 

携帯電話はプライベート用としての意味合いが強く、解約も簡単に行うことができます。そのため、「会社の電話番号」として社会的に認められないケースが多いです。

取引先のコンプライアンスが厳しい場合、固定電話番号がないというだけで、時には取引を断られてしまうこともあるかもしれません。

また、法人起業のケースでは、会社の銀行口座開設の際に、自宅以外の固定電話番号が必ず必要になります。

従って、会社として社会的に信用されるには、固定電話の取得は必要不可欠です。



03番号で発信できる機能を貸してくれる

受信用としての固定電話番号だけでなく、03から始まる番号を相手に通知できる、発信機能もついた「電話番号貸し」もあります。

 

通常、固定電話回線を引くにはNTT加入権を取得する必要があり、この加入権取得には30,000円~40,000円の負担金が発生します。

また、工事も必要となり、加入権の負担金と合わせると、比較的大きなイニシャルコストが発生します。

電話番号貸しを利用すれば、大きな導入コストをかけずに、主要都市の電話番号を受信と発信、どちらでも使用することができます。

 

最近では050から始まるIP電話(インターネット回線を利用した電話)を使用する企業も多く存在しています。

 

IP電話の特徴として、通話料が固定電話より安いというメリットがある反面、電話回線より音声の質が劣るというデメリットもあります。

インターネットの電波に依存した通話であるため、途切れたり、音声が届くまでタイムラグが生じたりといったことも起こります。

 

03からの固定電話番号であれば、通知を受けた相手も、安心して電話を取りやすいと言えるでしょう。

電話回線を使用した電話であればさらに音声の質もよく、スムーズに電話のコミュニケーションを行うことができます。

 

電話秘書サービスも合わせて利用できる

 

外注で専門会社に依頼できるもので、電話番号貸しの他に、「電話秘書サービス」というサービスもあります。「電話代行」と呼ばれるものです。

一般的な電話代行サービスには、主に2種類のタイプがあります。

① 受信電話代行(インバウンド)

② 発信電話代行(アウトバウンド)

 

①の「受信電話代行」は、事業主が忙しくて手が離せない時や不在の際など、スタッフが事業主の代理で電話対応をしてくれるサービスです。

スタッフはもちろん事業主の社員(事務員)として対応し、お客様の名前やご用件をお伺いして、事業主にE-mailや電話で報告をします。

 

受信電話代行の最大のメリットは、人材・時間のコストを削減でき、事業主側も顧客側も、どちらも安心できるという点です。

起業したばかりの段階では、資金も少なく、少人数の人材で回しているケースが多いでしょう。そのような場合に、電話の対応に都度追われてしまっては、事業主にとって少なからず負担となるはずです。

しかし、人材を雇うのにも広告代や教育のコストがかかります。

また、顧客側が何度も電話をかけているのに、常に留守番電話になってしまうのでは、相手側は「大丈夫だろうか?」と不安を感じるでしょう。

 

 

受信電話代行を依頼すれば、人材を雇用しなくても、教育されたスタッフが丁寧に電話対応をしてくれます。きちんとした電話秘書が対応すれば、電話をかけた相手も安心するはずです。

 

②の「発信電話代行」は、事業主に代わって、電話による営業活動など、さまざまな発信業務を専門スタッフが代行してくれるサービスです。

発信業務に含まれるものは、営業代行の他、営業後のフォロー電話、セミナーなどの来場催促、アンケートなどの情報収集など、さまざまです。

中には、コール結果のリストアップやマーケティング結果の分析などにも対応してくれる専門会社もあるようです。

起業、個人事業主に最適!電話番号の貸出代行サービスを利用するメリット2

発信業務代行は、「起業したてで人材リソースが不足しているけれど、一斉に電話で営業をかけたい」といった場合にとても便利です。

コールセンターなど、最初から多数のスタッフがいる専門会社を選べば、一斉に架電することで集客や営業に効果が期待できます。

 

どんな人が利用しているサービス?

 

電話番号貸しサービスや、電話代行サービスの利用は、主に開業したての個人事業主や、少人数で充分な人材リソースが足りていない、ベンチャーやスタートアップ企業からのニーズがあります。

しかし、起業したての個人事業主やスタートアップ企業だけではなく、実は大企業なども電話代行を利用しています。

電話のお問い合わせが多いビジネスの場合、自社のみでの対応は負担が大きく、大企業でも専門会社に委託するケースが多いようです。

 

電話番号貸しや電話代行サービスは、具体的には下記のようなケースにあてはまる方によく利用されています。

 

●SOHOで開業しており、固定電話は持っているけど、自宅の番号を公開したくない

 自宅を事務所にして開業している個人事業主が、プライバシーの関係で自宅の固定電話番号を公開したくないというケースです。

 特に女性の場合は、自宅の住所や電話番号を安易に公開するのは、セキュリティ面であまり良いとはいえません。

 バーチャルオフィスと契約して、住所貸しと電話番号貸しの両方をセットプランで利用しているケースも多くあります。

 

●携帯電話のみで、ビジネス用の固定電話を持っていない

 開業したての個人事業主や立ち上げたばかりのベンチャー企業で、携帯電話しか持っておらず、まだ固定電話回線を引いていないケースです。

 電話回線工事には、工事代のコストだけではなく、時間もかかります。工事中はスムーズに作業ができないため、

 最初のうちは外注で電話番号を取得して、受信電話代行もお願いするという場合があります。

 また、すでに固定電話を持っていたとしても、外注でさらに電話番号をレンタルするケースもあります。

 地域の番号より03から始まる都心の電話番号を持っていれば、相手からの印象もよく映りやすく、商談が優位になるからです。

 

●レンタルオフィスやコワーキングスペースなどのシェアオフィスで働いている

 個人事業主が、他の利用者と隣り合わせのシェアオフィスなどで作業をしており、完全なパーソナルスペースを持っていないケースです。

 シェアオフィス内のデスクで通話をすれば他利用者に迷惑がかかりますし、電話のたびに作業を中断していては、仕事になりません。

 そのため、コワーキングスペースなどのシェアオフィスを利用している人は、専門会社に電話の対応を任せる場合が多いです。

 

●B to Cビジネスで、消費者からの問い合わせが多い

 金融やメーカーなどの大企業やネットショップなど、対象顧客が全国の一般消費者であり、電話による問い合わせが多いケースです。

 問い合わせが多い場合、自社のリソースだけでは対応しきれなくなります。

 そのため、大企業でも外部に電話代行を委託するケースが多いようです。


電話代行の貸し出しサービスを利用するメリット

 

 

電話番号貸しや電話秘書による電話代行サービスは、うまく利用することで費用と時間、両方のコストカットが実現できます。

顧客へ安心感を与え、コストをかけずスムーズに事業をスタートさせることによって、ビジネスを円滑に進めることができるでしょう。

 

具体的にどういったメリットがあるのか、以下でさらに詳しく解説します。



簡単に主要都市の電話番号が手に入る

固定の電話番号があるかないかで、社会的な信用度はかなり変わります。

さらに03から始まる主要都市番号となると、通常は都心の住所でオフィスを借りて、その住所で回線工事をしなければ取得できません。

このようなことが可能なケースは、資金にかなり余裕のある一部の事業主のみであり、かなり限られてきてしまうでしょう。

 

しかし電話番号貸しサービスを利用すれば、都内に賃貸オフィスを持たずとも、簡単に03から始まる番号を取得することができます。

自宅が作業場で、すでに固定電話は持っているけれど、03から始まる番号を新たに取得したい個人事業主にもおすすめです。

 

コストを削減できる

電話回線を敷設するには、電話加入権や電話機を購入する必要がある他、契約金や工事代などの大きなイニシャルコストが発生します。

さらには費用面だけでなく、時間面でのコストも発生します。工事が終わるまで1週間以上の日数がかかると言われており、事業に集中したい事業主にとっては負担になる場合も多いのではないでしょうか。

 

電話番号貸しのメリットは、固定電話回線導入にかかる費用コストと時間コストを、同時にカットできることです。

さらに秘書による電話代行サービスと並行すれば、人件費やスタッフの教育にかかる費用もカットできます。

電話も逃さないため、ビジネスの機会損失も防ぐことができるでしょう。

もちろん、03からはじまる主要都市の電話番号を入手することによって、取引上の大きな信頼性も得ることができます。



個人事業主、小規模法人、これから起業する人は業務に集中できる

電話は、顧客と事業主を結ぶ大切なコミュニケーションツールです。

起業したての頃は、営業活動にばかり気をとられてしまい、他のことに余裕がなくなるケースも決して珍しくありません。

しかしながら、不在が続き、大事なクライアントや取引先からの電話に出られない、ということになればそれは問題です。

対応が遅れ、相手から不信感を抱かれて信用を失う要因になります。

起業の初期の段階では、新規顧客の開拓や、慣れない事務手続きだけで手いっぱいになってしまうものです。そんな時は無理をせず、外注で電話代行を依頼しましょう。

 

代理で丁寧に電話を受けてくれる電話秘書がいれば、事業主も安心して本業に力を入れることができます。

電話代行サービスを提供している会社によっては、不在時の電話の自動転送や、外線転送サービスも提供しているところもあります。

重要性の高い電話の場合、自動転送ではなく電話秘書に一度電話に出てもらい、外線で事業主の携帯電話に取り次いでもらうことも可能です。

起業、個人事業主に最適!電話番号の貸出代行サービスを利用するメリット3

 

アントレサポートの電話番号貸し・電話秘書サービス

  

電話はビジネスにおいて重要な意味を持ち、取引する上での信用性に関わります。

電話番号貸しや電話代行のサービスをうまく活用すれば信頼性が上がり、事業主も安心してより事業に集中できるようになるでしょう。

アントレサポートの受信用の電話番号貸しは月々2,000円~ 、電話秘書(受信対応)は月々3,000円~ (※従量課金制・定額料金制の2つからお選びいただけます)と、格安料金です。

他にも「受信用電話番号貸し+発信用電話番号貸し」、「受信用電話番号貸し+発信用電話番号貸し+電話秘書(受信電話)」などがあります。

ご利用者様の状況に合わせて、さまざまなプラン・サービスをご用意しています。

貸し出してくれる住所で実際にレンタルオフィスも運営している会社だと、会議室が併設されていることがあります。

 

・外線転送(※電話秘書が受け答え後、必要に応じて外線転送・プランによっては不可/2,000円)

・ボイスワープ(※設定した番号へ24時間自動転送 ・プランによっては不可/1箇所 無料)

・フリーダイヤル追加 (2,000円)

・時間外アナウンス(※アナウンス内容は自由に設定OK・プランによってはボイスメールになります)

 

受付秘書や電話秘書の対応は、会社の印象を大きく左右します。

固定電話番号を持ったからには、どんな時でも会社を代表する担当として、懇切丁寧な電話対応をしてもらいたいですよね。

アントレサポートの電話秘書なら全員正社員であり、あらゆるビジネスマナーの教育を受けているスタッフが揃っています。

 

どうぞお気軽にご相談ください。







お問い合わせ・内覧申込みフォーム
サービスWEB申込み