1人用のレンタルオフィスで絶対後悔しないための注意点

1人用のレンタルオフィスで絶対後悔しないための注意点

 

事業をはじめたばかりの段階で、コストを削減することは非常に重要です。

そんなときにおすすめなのが、賃貸オフィスなどと比べて、格段に安く利用できるレンタルオフィスです。しかし、格安だからという理由だけでレンタルオフィスを選んでしまうと、後々後悔することになりかねません。

コストカットだけにこだわった結果、最終的に事業の発展を妨げるようなレンタルオフィスを選んでしまうようでは本末転倒になってしまいます。

 

後悔しないレンタルオフィスを選ぶためには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

この記事では、起業時におけるレンタルオフィス利用のメリットや、レンタルオフィス選びで見落とされがちなポイントなどについてご紹介します。

1人で使うなら貸事務所、SOHOオフィス、レンタルオフィス?

働き方が多様化し、さまざまな形態のオフィスが増えている中、1人用でオフィスを使用する場合、貸事務所、SOHOオフィス、レンタルオフィス、どのタイプがよいのでしょうか。

今後登記をする予定があり、かつ初期コストをおさえたいのであれば、「レンタルオフィス」がおすすめです。

自宅などをそのまま作業場にしてしまうSOHOは、住居としての契約とみなされるため、多くの場合「登記が不可能」になります。

また、貸事務所の場合は、事務所としての契約なので登記は可能ですが、敷金・礼金などの初期費用や更新料、毎月の家賃など、コストが大きいことがデメリットです。

一方、レンタルオフィスは、敷金・礼金不要のところが多く、貸事務所よりもはるかに低価格で借りることができ、初期コストを抑えて登記をすることができます。つまり1人で使う仕事場ならば、レンタルオフィスが最適ということが言えます。

 

レンタルオフィスを借りるメリット

レンタルオフィスを借りるメリット

レンタルオフィスのメリットは、都心の一等地であっても従来の賃貸オフィスより遥かに低予算で執務スペースを借りることができ、しかも事業に必要な設備をすぐに使用できる点にあります。

費用と時間、どちらも削減できることはレンタルオフィスの大きな魅力です。

また、銀行口座開設に関しても、レンタルオフィスは実際に執務スペースがあり、業務を行っているという点で、住所貸しのみのバーチャルオフィスより審査が通りやすいというメリットもあります。

 

住所を登記できる

起業時に必要になる手続きが「登記」です。レンタルオフィスなら、借りるオフィスの所在地に住所を登記できます。ホームページや名刺に一等地の住所を記載できるので、信頼度がアップするのは間違いありません。

 

充実した設備や環境が用意されている

レンタルオフィスには、すでに充実した設備や環境が用意されていますので、入居したその日からすぐに仕事に集中できます。必要な設備や環境とは、たとえば以下のようなものがあります。

 

・エントランスなどの内装

・作業用デスクやチェアの設置

・プリンター・FAXなどのOA機器の設置・設定

・インターネット回線の工事

・人材雇用(受付・電話対応など)

 

レンタルオフィスなら、デスクなどはすでに設置されていますし、内装もすでに完成されています。

OA機器が格安で使用できたり、受付秘書が常駐していたりするレンタルオフィスもあります。

 

会議室が使える

レンタルオフィスには他にも、「会議室が使える」というメリットがあります。

たとえ最初はスモールビジネスであっても、社内ミーティングやクライアントとの商談など、ビジネスの土台となる会議室や商談スペースは必要不可欠です。

レンタルオフィスを契約している場合、格安で会議室を利用できる、あるいは、定額プランの中に会議室料金をすでに含んでいる(実質無料で利用できる)ものもあります。

しかし、会議室は共用ですので利用には予約が必要です。予約方法は「電話」「メール」「受付に伝える」「WEB上で行う」など運営会社によって異なるので、契約前に確認しましょう。

 

1人用レンタルオフィスの料金

東京の1人用個室のレンタルオフィスを契約する場合、費用はどれくらいかかるのでしょうか。

初期費用と、月額費用の相場について見ていきましょう。

 

東京の1人用個室の平均初期費用

東京の1人用個室の平均初期費用は、運営会社によって変わってきますが、高く見積もっても30万円以下で収まるところが多いようです。

 

レンタルオフィスの初期費用は、以下のような項目が発生します。

・入会金、年会費:0円~10万円

・事務手数料:0円~10万円

・保証金:0円~家賃2か月分程度

 

賃貸オフィスは一般的に、敷金、保証金で5か月分~12か月分の家賃相当額を支払う場合が多く、仮に賃料が10万円以下であっても、レンタルオフィスのように初期費用が30万円以下で納まることはほとんどありません。

 

東京の月額費用相場

東京の1人用個室のレンタルオフィスの料金相場は、住居の賃貸と同じように、エリアによってかなり差があります。

1人用個室のレンタルオフィスでも最安値で2万円前後~、最高値で20万円前後と、大きな開きがあります。

都内の代表的なオフィス街や、お洒落で高級感があり人気の高いエリア、特にアクセスが優れているエリアは、坪単価そのものが高いために費用がどうしても高くなります。

東京だと丸の内エリアや銀座、新宿、渋谷エリア、そのほか港区全般も料金が高めの傾向です。

 

格安レンタルオフィスを選ぶ際の注意点

ビジネスをはじめたばかりの段階では、多くの場合、最初から潤沢な資金がある事業主は少ないでしょう。

そのため、レンタルオフィスも、価格の安さをまず最優先に考える方が多いのではないでしょうか。

しかしビジネスの拠点として利用するわけですので、料金体制、立地条件、利用時間など、さまざまな観点から判断することが大切です。

 

住所・立地を確認する

オフィスをどこにするかという問題は、非常に重要な問題です。会社の住所は、それ自体がステータスをあらわすものだからです。

都心の一等地を本拠地としてアピールできれば、それだけで顧客からの信頼も得やすくなります。

しかし、「○○区」などの表面上の住所だけで、安易にオフィスを選ぶことは危険です。

オフィス周辺環境や駅までの時間・道のりなど、必ず現地に何度か足を運んで確認をするようにしましょう。

 

たとえば、駅から遠すぎる場所、坂道が多すぎる場所などは考えものです。

「歩くことは別に苦にならないからOK」という人もいるかもしれませんが、「駅からオフィスまでの道のり」=「クライアントの歩く道のり」でもありますし、業務が増え、訪問や出張の頻度が高くなったとき、「移動時間の多さ」は大きなネックとなります。

 

設備・利用時間を確認する

レンタルオフィスを選ぶ際、設備・利用時間についても、事前によく確認しておくことが大切です。

コストを少しでも抑えるために格安のレンタルオフィスと契約しても、設備代がすべて別料金だったために、「想定していた以上の請求がきた…」というケースも少なくありません。

また、そもそもOA機器や給湯設備がない格安オフィスもありますので、以下の設備については事前に確認しましょう。

 

・電話/FAX

・コピー機

・インターネット

・会議室

・電子レンジや冷蔵庫・給湯室

 

また、レンタルオフィスの利用時間についても、チェックしておく必要があります。

「専用の個室を利用できる」とうたっていても24時間365日いつでも利用できるとは限りません。運営会社の設定する営業時間内のみしか出入りできない場合も多いので、何時から何時まで利用できるのか、休業日がいつなのかを確認し、ご自身のワークスタイルや、これから始める事業に合ったレンタルオフィスを選びましょう。

 

運営会社の実績を確認する

これから契約する予定のレンタルオフィスがある場合、サービス内容だけでなく、運営会社の実績についても確認しておくことが大切です。

働き方が多様化した現代では、コワーキングスペース、シェアオフィス、バーチャルオフィス、レンタルオフィスなどの「サードプレイスオフィス」のニーズが高まっており、市場にはさまざまな新規運営会社が参入しています。

長い実績がある運営会社は、新しい企業が次々と参入し消えていく中で、残っている理由(=支持されている)があるということです。運営実績もレンタルオフィス選びの重要な指標だと言えます。

 

家賃だけを見てはいけない?!それ以外にかかる費用をチェック

レンタルオフィスを借りるメリット

オフィスを借りるということは、住居の賃貸契約と同様、家賃以外にもさまざまな費用が発生します。

SOHOや賃貸オフィスと同様に、レンタルオフィスでも下記費金が発生する場合がありますので、事前に確認しておくことが大切です。

 

共益費

レンタルオフィスと契約する際、月額料金とはまた別に、共益費を支払わなければならないケースが少なくありません。

共益費とは、「入居者が共同で利益を受ける共有部分の維持・管理費用」のことをいい、建物の賃料とは別に発生するものです。具体的には、建物のエントランス部分や廊下、階段、エレベーターなどの維持管理費用や、この部分に関わる防災・セキュリティ費用などです。

 

更新料

主都圏の住居の賃貸契約ではおなじみの更新料ですが、レンタルオフィスであっても、一定の期間が過ぎて契約を継続する場合に、更新料の支払いが必要な場合があります。また、更新料だけでなく、更新と同時に毎月の家賃が値上がりする運営会社もあるようですので、契約前に更新について確認することをお勧めします。

 

空調利用

空調の時間帯についても、事前に確認をしておきましょう。

暖房や冷房が、必ずしも24時間使用できるとは限らないからです。

たとえば空調には、「個別空調」「セントラル空調」の2種類があり、セントラル空調の場合は空調がビル全体での集中管理となるため、一定の時間を過ぎると、自動的に空調が使用できなくなる場合があります。

また、セントラル空調は、個々の部屋で温度を調節できないというデメリットがあります。

 

会議室

レンタルオフィスにはたいてい備わっている「会議室」ですが、これについても、基本料金に利用料金が含まれている場合と、+αで費用が発生する場合があります。

利用頻度が多くなることが予測される場合は、すでに会議室の利用サービスが基本料金に含まれているレンタルオフィスを選びましょう。

 

賢くレンタルオフィスを選ぶコツ

レンタルオフィス選びで「こんなはずではなかった…」と後悔しないためには、事業にどこまでのサービスが必要かを見極め、トータルで満足できるように賢くレンタルオフィスを選びましょう。

 

立地のよさ

レンタルオフィスを選ぶ際には、ビジネスをスタートする上で、今後の事業展開に好条件な立地であるかどうかをよく考える必要があります。

「住所・立地を確認する」の項目で説明したように、「駅からオフィスまでの道のり」は、「顧客や取引先の人が歩く道のり」でもあります。どんなに安くても、駅から遠すぎる場所などは避けたほうが懸命です。

 

24時間利用ができるか

レンタルオフィス選びでは、24時間利用できるかは重要なポイントです。例えば、副業や兼業で「出勤前、退勤後にレンタルオフィスを利用する」「営業や出張で夜遅い時間や朝早い時間帯にオフィスを利用する」というケースが考えられますが、最初から24時間利用OKのレンタルオフィスを選んでおけば安心です。

「朝早く起きて、出張前に書類をまとめたい…」「明日は予定があるから、夜遅くまでオフィスで作業して仕事を終わらせたい」という場合にも、利用することができます。

 

防音性はどうか

作業中や会議中、常に雑音が響く環境では仕事に支障が出てしまいます。激安・格安のレンタルオフィスは確かに魅力的ですが、価格だけで選ばず、集中して仕事ができるオフィス環境であるかどうかをチェックしておきましょう。

個室タイプの専用スペースが一番集中できる環境ではありますが、社内の会話や電話の多い入居者が近くにいる場合は、音が漏れて集中できない可能性があります。

契約前に実際に内覧し、オフィスの防音性・音漏れについても確認した方が良いでしょう。

 

後悔しない1人用レンタルオフィスのサービス会社とは

レンタルオフィス選びでは賃料だけでなく、更新費や光熱費、共益費などの維持管理費、設備費用、防音性や周辺環境など、トータルで選ぶことが大切です。

東京の一等地である渋谷・四ツ谷のレンタルオフィスを利用できる「アントレサポート」は、業界のリーディングカンパニーとして20年近い実績があり、24時間利用OKの完全個室のオフィスの提供だけでなく、会議室・商談スペースや、受付秘書(渋谷オフィスのみ)のサービス利用も基本料金内で提供しています。

 

1人用レンタルオフィスの部屋数が多く、「完全個室の部屋」「窓付き部屋」「格安料金のお部屋」など様々なタイプがあるので、ワークスタイルに合ったオフィスをレンタルすることができます。

 

四ツ谷オフィス407号室 四ツ谷オフィス304号室 四ツ谷オフィス414号室
完全個室(渋谷オフィス) 大きな窓付き(四ツ谷3階オフィス) 格安料金(四ツ谷4階オフィス)

 

他にも、アントレサポートのレンタルオフィスには以下のようなメリットがあります。

・敷金・礼金・年会費・更新料無料

・光熱費無料

・空調24時間利用OK

・インターネット利用無料

・電子レンジ、ウォーターサーバー利用無料

・2重セキュリティ(セコム・オートロック完備)

・士業、探偵業、古物商の認可実績あり

・電話秘書の依頼が可能

・提携士業(司法書士、行政書士、税理士、社会保険労務士)の先生がいるので、何でも相談できる

 

例えば、会議室・商談スペース利用時の受付秘書によるティーサーブ、オフィス不在中の来訪者対応(名刺・書類をお預かりしてメール報告)など、秘書がいることで入居者様にもお客様にも安心感を与えることができます。

どんな時でも安心して利用することができるのが「アントレサポート」のレンタルオフィスです。

上記のほかにも、さまざまなサービスをご用意しております。お気軽にご相談ください。

 

私たちが受付でお出迎えします

渋谷オフィスは、1階の事務所に受付が常駐。

 

ご来訪のお客様のご案内やお茶出し、
書類のお預かり等対応いたします。






お問い合わせ・内覧申込みフォーム
お問い合わせ・内覧申込みフォーム