レンタルオフィスはこちら レンタルオフィスはこちら
バーチャルオフィスで起業したスタートアップ企業の新規法人口座開設は難しい!!

と一般的に言われています。

信金、信組での新規法人口座開設では、バーチャルオフィスと言ったら断られ、言わないにしても信金、信組は営業マンの会社訪問が殆どあるので、その時点でほぼNGです。

地銀、メガバンクも基本的にはNGですが、属性などにより法人口座開設が上手く行くケースもあります。基本的に事業実績が無いスタートアップ企業は、社長様の属性が判断基準になると思われます

 

 

 

 

 

 

 

弊社のバーチャルオフィスのスタートアップ企業のお客様からも法人口座開設の相談をよく受けます。前記の内容を説明した上で郵貯銀行と楽天銀行をお薦めしています。

 

郵貯銀行は、法人の住所近くの郵便局に新規口座開設書類を提出します。局の中央に書類が廻って審査されます。よって、会社訪問も無く、書類に不備が無く、社長様の属性に問題が無ければほぼ通ります。楽天銀行もネット申込から書類や社長様の属性に問題が無ければほぼ通っています。

 

よって、ケースバイケースではありますが、基本苦労しているのが現状です。ある銀行の行員に聞いたことがあります。1度口座開設をしてしまうと銀行側からの解約は出来ないのが原則で入口を厳しくしているのが実情のようです。

 

先日、GMOあおぞらネット銀行の営業マンから連絡がありました。スタートアップ企業向けの新規法人口座開設応援施策のご案内です。設立1年未満の起業家を対象としており、また、バーチャルオフィス、住所貸しのお客様も対象としています。

弊社への連絡では「バーチャルオフィス、住所貸しのスタートアップ企業で新規口座開設を苦労しているお客様にご案内して欲しい。」とのご案内です。バーチャルオフィス、住所貸しの企業でも問題無い!!申し込みもネットで完結、最短で1日で新規口座開設が可能です。

 

 

“申し込みもネットで完結、最短で1日、必要書類も少なく、バーチャルオフィス、住所貸しでも問題ありません。”

今だけの特典も付けています設立後1年以上は2か月間振込手数料月10回まで無料です。設立後1年未満は1年間毎月20回振込手数料が無料となります。

 

スタートアップ企業さまの応援施策として、設立1年未満の法人のお客さまを対象に、他行宛て振込手数料が月20回まで無料となる特典を付与させていただきます。

振込手数料20回無料の特典は、登記上の設立日から1年後の月まで毎月付与いたします。

 

設立年月 特典付与開始月 特典付与終了月 特典付与期間
2020年12月 2021年12月1日~ 2021年12月 1ヵ月
2021年1月 2022年1月 2ヵ月
2021年2月 2022年2月 3ヵ月
2021年3月 2022年3月 4ヵ月
2021年4月 2022年4月 5ヵ月
2021年5月 2022年5月 6ヵ月
2021年6月 2022年6月 7ヵ月
2021年7月 2022年7月 8ヵ月
2021年8月 2022年8月 9ヵ月
2021年9月 2022年9月 10ヵ月
2021年10月 2022年10月 11ヵ月
2021年11月 2022年11月 12ヵ月

【設立年月と特典付与期間】

毎月の振込回数については、当社サイトにログイン後、振込内容の入力ページからもご確認いただけます。

  • ※ 総合振込は無料回数の対象外となります。
  • ※ すでに当社法人口座を開設済みのお客さまで、設立1年未満の法人のお客さまも対象となります。
  • ※ 振込手数料の無料回数は、毎月1日の0:00から末日の23:59までに他行宛てに振込を行った1件ごとに使用されます。(無料回数を翌月に繰り越すことはできません)

 

GMOあおぞらネット銀行は新設行?新規口座を増やすための特典だと思います。営業マンのノルマが厳しいのか?かなり熱心に案内されてました。

今が新規口座開設のチャンスです。

 

是非、新規口座開設に苦戦した企業様は、この機会に口座開設を申し込んで見てください。

GMOあおぞらネット銀行の口座開設はこちらへ