起業するなら千代田区での登記がおすすめ!
ビジネス拠点にすべき4つの理由

起業を検討しているあなたは、「どこの住所で起業するか」を考えたことがあるでしょうか。

たかが住所かもしれませんが、ビジネスを始めるにあたって住所は大事な検討項目です。住所が違うだけでビジネスに影響を及ぼす可能性は否めません。

ビジネス拠点としておすすめなのは、「東京都千代田区」。

会社登記や定款に千代田区の住所が記載できるだけで、事業の質も大きく変わる可能性があります。

なぜ千代田区なのか。

この記事では「千代田区をビジネス拠点にすべき理由」を4つ解説します。

意外と多い「知らなかった!」という情報とともに、千代田区で起業するのにおすすめのオフィスもご紹介します。

【千代田区での登記がおすすめの理由1】法務局の管轄

東京都千代田区の住所で登記をおすすめする理由は、いつか会社住所を移転するかもしれない可能性を加味しておくべきだからです。

登記してある会社住所を変更する際は、登録免許税として3万円が必要になります。

しかし移転先の法務局の管轄によっては、登録免許税が2倍になる可能性があるのです。

“(2)管轄登記所外へ本店移転する場合
現在登記されている登記所の管轄内での本店移転の場合の登記申請書は1件ですが,管轄外への本店移転の場合は,移転先を管轄する登記所分の申請書も作成していただく必要がありますので,登記申請書は合計2件となり(申請書の内容はそれぞれ異なります。)登録免許税額もそれぞれ3万円ずつとなります(合計6万円となります。)。“

引用:東京都法務局 商業・法人登記に関する“よくある質問”

http://houmukyoku.moj.go.jp/tokyo/static/kaisyahou-qanda.html#16


では23区のそれぞれを、どの法務局が管轄しているのか一覧で見てみましょう。

東京法務局 千代田区、中央区、文京区
板橋出張所 板橋区
江戸川出張所 江戸川区
北出張所 北区、荒川区
品川出張所 品川区
渋谷出張所 渋谷区、目黒区
城南出張所 大田区
城北出張所 足立区、葛飾区
杉並出張所 杉並区
新宿出張所 新宿区
墨田出張所 墨田区、江東区
世田谷出張所 世田谷区
台東出張所 台東区
豊島出張所 豊島区
中野出張所 中野区
練馬出張所 練馬区
港出張所 港区

同じ管轄内の法務局で会社を移転するなら、登録免許税は3万円で済みます。

ただ「変更前の住所を管轄する法務局」と「変更後の住所を管轄する法務局」が違う場合、両方の法務局で移転登記を申請しなければいけません。つまり登録免許税が2倍となる「6万円」が必要になるのです。

(例)

会社住所を板橋区から千代田区に移転 → 2か所で移転登記するため登録免許税は6万円

会社住所を文京区から千代田区に移転 → 移転登記は1か所で済むため登録免許税は3万円

東京法務局管轄の千代田区、中央区、文京区内で移転する場合、登録免許税が3万円で済みます。

事業を長い目で見れば、数万円程度は大したことないと思われるかもしれません。

ただ起業直後は資金繰りが大事です。事業の成長に合わせて柔軟に対応するためにも、東京都千代田区での登記をおすすめします。

【千代田区での登記がおすすめの理由2】ブランド力

東京都千代田区という住所は、会社のブランディングにも大きく貢献します。

千代田区は、皇居周辺をぐるりと囲むエリア。ビジネスと高級住宅が集まる東京の中心地であり、特に皇居の西側にある「番町エリア」はJRと東京メトロの複数路線を使える利便性の高い街です。

千代田区の地図

引用:地理院地図

https://maps.gsi.go.jp/

もちろん、ビジネスはブランド力だけで成り立つわけではありません。

ただ一流の企業が集まる千代田区で起業できれば取引の質も変わります。常に一流のビジネスに触れられる場所で登記することで、事業の質に違いが生まれるといっても過言ではないのです。

また、千代田区は皇居、官庁街などもあり日本人なら誰でも知っている地名です。番町地区は住宅地として日本で一番地価が高いことで知られており、丸の内のオフィスの家賃の高く、大企業の本社が多く入居しています。

よって、千代田区にオフィスがあるということは、高い家賃を払えるだけの財務力、資本力を持っている企業と見られます。

名刺や会社パンフレットなどに「東京都千代田区」と記載できるなら、顧客や取引先からの見る目は変わり、信頼を得ることが可能です。

だからこそ、千代田区での登記がおすすめなのです。

【千代田区での登記がおすすめの理由3】会社の信用力

そして千代田区で会社登記をおすすめする3つ目の理由は、「会社の信用力」です。

やはりブランド力のある住所で登記できれば会社の信用力が上がり、銀行の融資や取引先、新規の顧客開拓などで有利になります。

特に東京都千代田区は非常に多くの企業が本社を構え、また上場している企業の数も東京都では3番目に多いエリアです。

23区の上場企業数

さらに起業後は何かと取引の機会が多くなる金融機関の本社も、多くが東京都千代田区に本社を構えます。

口座開設する銀行は、支店でも本店でも会社から近い店舗で問題ありません。ただ昨今の銀行は支店の縮減を進めており、一部、本社でしか取り扱ってない商品があったりするのも事実です。

成功した企業が多く、銀行の本社からも近い東京都千代田区の住所で登記すれば、利便性や社会的信用をアップするのに貢献するのです。

【千代田区は事業継続に強いおすすめの理由4】震災に強い

千代田区は震災に強いエリアになります。今後、首都直下型地震が予想される中、企業の持続性こそ考えなければならないことではないでしょうか。2011年の東日本大震災、2020年の新型コロナウィルス感染症拡大と日本、世界を震撼させる出来事が起きています。このような情勢の中、首都直下型地震に備える必要があると思います。

クライシスレポート

引用元:google クライシスレポート

東京都 都市整備局がまとめている地域危険度を地図上に表したものです。(黄色→赤になるにしたがって危険度が高くなります。)

超都心はリスクが低く、23区の北東方面はリスクが高い傾向があります。超都心であり皇居のある千代田区が最もリスクが低くなっています。

徳川家康が江戸に幕府を開き、皇居のある江戸城を築城したのもいにしえの教えなのかもしれません。

皇居のある千代田区は震災時の避難道路、避難場所などの整備が整っており、震災に強いエリアといえます。

事業の持続性を考えた時、様々なリスクに備える必要があると思います。

バーチャルオフィス・レンタルオフィスで千代田区をビジネス拠点に!

さて、東京都千代田区の住所で登記すると言っても、問題はオフィス賃料です。

東京の中心地である東京都千代田区でオフィスを借りると、月に数十万円の賃料がかかります。非常に高いオフィス賃料は、スタートアップやベンチャーなどの起業したばかりの会社にとって非現実的です。

そこでおすすめなのが、「千代田区」と「渋谷区」でバーチャルオフィスとレンタルオフィスのサービスを提供するアントレサポートです。

引用:アントレサポート

https://www.entre-support.co.jp/

千代田区にあるアントレサポートが運営するアントレオフィス四ツ谷六番町では、JR「四ツ谷駅」徒歩30秒という利便性と千代田区六番町というステータスで「レンタルオフィスが月額49,500円(税込み)」バーチャルオフィスが月額「8,250円(税込み)」で利用できます。

一般の賃貸オフィスを借りるのとではコストが雲泥の差です。

ニーズに応じて利用できる、「貸し会議室」や「電話番号貸しサービス」、「起業サポート」で、あなたの起業を全面的にバックアップする体制を整えています。

またインターネットの情報を見ていると、定款の住所を最小行政区画に留め、会社登記の住所もビルやマンション名まで記載しないことが推奨されている傾向です。

「東京都千代田区〇町〇丁目〇番地」といったように、できるだけ詳しい住所で起業したいという方にもアントオフィス四ツ谷六番町がおすすめ!

東京都千代田区で起業するなら、アントレサポートのバーチャルオフィスやレンタルオフィスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。