レンタルオフィスはこちら レンタルオフィスはこちら

東京都内のレンタルオフィスの相場感

東京都内のレンタルオフィスの相場感

「すぐに事業をスタートさせられる事務所を借りたい!」

「家賃や初期費用はできるだけ抑えたい!」

このような方におすすめなのが、レンタルオフィスです。

新規事業をスタートするとき、イニシャルコストはできるだけ抑えたいものです。レンタルオフィスを利用すれば、事務所を賃貸契約するより初期費用も毎月の賃料も格安に抑えられます

また、ほとんどのレンタルオフィスには什器が備えられているため、デスクやコピー機などの備品を購入する必要はありません。賃貸に関する初期費用以外もかなり抑えることが可能です。

レンタルオフィスは最初から什器が設置されていて、インターネット環境も整っているため、契約すればすぐに仕事をスタートできます。さまざまなサービスを利用できるところが多いため、事務所を賃貸契約するより効率よく仕事ができるでしょう

そこで気になるのが料金です。賃料はエリアや設備、サービスによって差がありますが、平均的な相場感を見ていきましょう。

目次

東京都内の平均的相場感

東京都内の平均的相場感

レンタルオフィスの賃料は、エリアや部屋の広さ(定員数)、建物のグレードや付随するサービスなどによって異なります。東京都内のレンタルオフィスの賃料を調べたところ、おおまかな相場感は60,000~100,000円です。賃料を非公開にしているレンタルオフィスも少なくありませんが、金額を掲載しているレンタルオフィスはこの範囲に収まるところが多いです。

レンタルオフィスの賃料は定員数に比例して高くなるため、定員別の相場感も確認しておきましょう。東京都内の1人用レンタルオフィスの相場感は30,000円~60,000円程度です。エリアによっては1人用でも賃料が10万円前後しますので、エリアを重視するか、それとも費用を重視するか検討し、どのエリアのレンタルオフィスを契約するか決めましょう。

1人用の部屋の面積は、2.5~3.8m²が中心です。中には2m²未満の部屋もあるのですが、部屋の面積が狭いため賃料は2万円代から見つかります。執務するスペースがあれば部屋の広さを重視しない人や、ほとんど来客がなく狭い事務所で構わない人は、賃料をかなり抑えることも可能です。

2人用や1~2人用レンタルオフィスの相場感は、50,000円〜100,000円程度で、部屋の広さは、5~5.6m²が中心です。3人用や2~3人用レンタルオフィスの相場は80,000円~130,000円程度で、面積は8~10m²が中心です。

エリア別の相場

エリア別の相場

東京のレンタルオフィスは、エリアによっても相場に差があります。山手線内や都心中央エリアは相場が高い傾向です。一方、山手線から外れるエリアは相場が安い傾向がありますので、場所にこだわらない場合は、相場の安いエリアで探すと初期費用や毎月の賃料を抑えられます。

相場が高いエリア

相場が高いエリアは「新宿」「渋谷」「青山」「銀座」などです。人気のオフィス街や、おしゃれなイメージの街なのでブランド力があり、オフィスを構えると信頼度アップにつながります。

たとえば渋谷であれば、レンタルオフィスの相場感は1人用が4~8万円程度です。新宿では1人用が5~11万円程度2人用が5~15万円程度です。ただし、賃料はレンタルオフィスの運営会社によって差が大きいため、このような一等地でも探せば賃料が割安なところも見つかります。

相場が安いエリア

相場が安いエリアには「駒込」などがあります。駒込の相場感は、1人用が26,000円~36,000円程度です。部屋の広さは平均すると約2.8m²なので、1人用の部屋として極端に狭いわけではありません。東京全体の相場と比較しても格安といえるでしょう。オフィスの住所にこだわらないなら、相場が安い駅周辺のレンタルオフィスを契約して、固定費用を抑えることができます。

レンタルオフィスの料金のチェックポイント

レンタルオフィスの料金のチェックポイント

レンタルオフィスの利用料は、月額料金以外に費用が発生することがあります。そのため、月額料金だけを比較して決めると、結局は高くつくこともあり得ます。レンタルオフィスを比較検討するときは、次のこともチェックしておきましょう

無料サービスの範囲

ほとんどのレンタルオフィスでは部屋にデスクなどの什器が設置され、インターネット環境が整い、さまざまなサービスが付随しています。そのため、自分にとって必要なサービスが提供されているか確認してから契約しましょう。もし契約後に必要なサービスがないことに気がつけば、オフィスを移転したくなってしまうでしょう。

また、自分にとって必要なサービスがすべて無料で利用できるところもあれば、別途オプション料金が発生するところもあります。つまりA社では無料のサービスでもB社では有料になることがあるのです。サービスの中には自分にとって必要のないものもあるでしょうが、必要なサービスについては無料なのか有料オプションなのか事前に確認しておきましょう。

レンタルオフィスの主なサービスには、次のようなものがあります。
・会議室の利用
・来客対応
・郵便物や宅配便の代理受け取りサービス
・電話代行サービス
・法人登記

たとえば電話代行サービスが有料の場合、毎月5,000円~10,000円程度のオプション料金が必要になります。オプションがいくつも必要になると固定費が高くなるため、賃料に合計した金額で他社と比較してください。

受付にスタッフが常駐し、来客対応をしてもらえるレンタルオフィスもあります。貴社名での電話対応や取次をおこなってくれるレンタルオフィスもありますので、1人で起業した人や外出が多い人には便利でしょう。

ただし、サービスが充実したレンタルオフィスは料金も高いため、不要なサービスや、必要以上のサービスが月額料金に含まれていると割高になってしまいます。できるだけ自分にとって必要なサービスだけを網羅しているレンタルオフィスを探しましょう。

初期費用や更新費用

契約時の初期費用についてもレンタルオフィスの運営会社によってさまざまです。主な費用は入会金、事務手数料、施設維持費、保証金、前家賃、共益費などですが、事務手数料や保証金などが必要ないレンタルオフィスもあります。

初期費用の金額は運営会社によって名目が異なるので金額を比較しにくいのですが、入会金が概ね50,000円~100,000円程度。保証金が必要な場合は賃料の2ヶ月程度です。また、申し込み時に当月分と翌月分の賃料や共益費が必要です。

初期費用はできるだけ抑えたいものですが、定期的に割引キャンペーンを実施しているレンタルオフィスもあります。たとえば入会金が0円になったり、共益費が3ヶ月間無料になったりするキャンペーン実施中のレンタルオフィスを契約すれば、初期費用を大きく抑えることが可能です。
また、更新料の有無、現状復帰費用の有無も確認しておきましょう。更新料が必要なければ長期利用でも安心です。

共益費

レンタルオフィスの月額料金は、共益費込みで記載されているものと共益費が別途必要なものがあります。共益費に含まれるものは運営会社によって異なりますが、主に水道光熱費や設備利用費、インターネット利用料、ゴミ処理費用、共用部分の消耗品代などです。

共益費の相場は3,000円~20,000円程度です。賃料が安いと思ったら、別途共益費が必要だったということもありますので、賃料に共益費を加えた金額で比較しましょう。

必要なサービスが含まれているレンタルオフィスを選ぼう

東京都内の平均的相場感

賃貸オフィスに比べると、レンタルオフィスは毎月の固定費用をかなり節約できます。しかし、いくら賃料が格安であっても今後必要になる設備が備えられていなかったり、サービスが提供されていなかったりすれば困ります。レンタルオフィスを選ぶときは相場を参考にして、格安料金であれば設備やサービスに不足はないか、駅から遠すぎないかなどをチェックしておきましょう。