レンタルオフィスの料金をチェックするコツ

レンタルオフィスの料金をチェックするコツ

『これから新規事業をスタートさせたい!』

そこで、まず最初に必要になるのが、事業の拠点となる「オフィス選び」です。

「都内でできるだけアクセス環境のいいオフィスを構えたいけど、資金は限られている…」そんなときにおすすめなのが、レンタルオフィス

レンタルオフィスであれば、都心の一等地にあるオフィスを借りることができ、内装や家具もすでに完成されているので、賃貸オフィスよりもコストをかけずに、すぐにビジネスをスタートすることが可能です。

 

しかし、最近は東京都内にたくさんのレンタルオフィスが進出しているため、どのように選んだらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

 

このページでは、レンタルオフィスのタイプ別の特徴や、チェックするべき料金のポイントについて紹介していきます。

東京のレンタルオフィスの料金相場を知る

東京のレンタルオフィスサービス会社約15社を調査したところ、料金相場は、下記のようにかなり差がありました。

 

・1人用個室のレンタルオフィス 最安値:2万円弱  最高値:10万円以上

・2~3人用のレンタルオフィス 最安値:3万円台  最高値:30万円以上

同じ都内でもなぜこれだけの差があるのでしょうか。

詳しくはこれから説明をしていきます。

レンタルオフィスの料金はこうやって決まる

東京のレンタルオフィスの料金相場は、エリアや立地条件によってかなり差があり、部屋タイプ(専用個室 or シェアタイプ)、部屋の平米数によっても大きく変わります。

また、付加サービスとして受付が常駐しているところは、人件費がかかる分、料金が高くなる傾向があります。

さらに、レンタルオフィスにかかる費用は、月々の基本料金(賃料)だけではありません。

保証金や入会金などの初期費用や、仕事に必要な設備代(会議室利用や複合機利用料など)もサービス会社によって異なります。そのためトータルでいくらかかるのか、契約前によく確認しておくことが大切です。

料金が高いレンタルオフィス・安いレンタルオフィスの特徴

ここでは「料金が高いレンタルオフィスの特徴」と「料金が安いレンタルオフィス」の特徴をご説明します。

料金が高いレンタルオフィスは、起業したばかりの人には敬遠される傾向がありますが、高いのにはそれなりの理由があります。例えばエリアや立地条件がよいことはもちろん、スムーズに事業を行っていくために必要な条件や設備が、あらかじめ揃っていることです。

 

反対に料金が安いレンタルオフィスは、「料金が高いレンタルオフィス」の条件が備わっていないことがほとんどです。

どんなに格安でも、「騒がしい環境」や、「室内が暑かったり寒かったりする」「看板が立てられない」「受付がいない」「登記不可」など、作業に支障が出る、クライアントから不信感を抱かれるようなレンタルオフィスはあまりおすすめできません。

 

その他にも、どのような特徴があるのか見ていきましょう。

高いレンタルオフィス、安いレンタルオフィスの特徴をチェック

人気のエリア

料金が高いレンタルオフィスは人気エリアに多いです。東京都内の「代表的なオフィス街エリア」「おしゃれ・高級なイメージのあるエリア」などに集中しています。人気エリアは、不動産の坪単価が高めになるため、レンタルオフィスの料金も比例して高くなる傾向にあります。

例えば、「新宿」「渋谷」「青山」「銀座」などです。

アクセスが良いか

ビジネスの拠点はアクセスの良さが重要ですが、当然ながら交通の便が良い場所にあるレンタルオフィスには人気が集中します。

都内の中でも特に「路線数が多い」「主要駅へのアクセスが抜群」「駅から徒歩10分以内」など、アクセス抜群のレンタルオフィスは、料金が高くなる傾向があります。

都内でも「電車の路線数が少ない」「オフィスが駅から遠く時間がかかる」「オフィスまで坂道が多く平坦ではない」など、アクセス環境がよくない場所は坪単価が低く、レンタルオフィスの料金も安く設定されています。

登記ができるか

レンタルオフィスで法人登記ができるかどうかはとても重要なポイントです。法人として起業する場合、費用を抑えるために格安レンタルオフィスを契約しても、肝心の登記ができないのでは、会社としての取引そのものができなくなってしまいます。

 

レンタルオフィスの運営会社は、自社ビルで運営している場合と、ビルのオーナーからフロアを借りて運営している場合があります。

フロア借りの場合、ビルのオーナーによっては、トラブルを避けるために登記不可にしているところもありますので事前に確認が必要です。

 

登記ができるレンタルオフィスは料金も多少割高になるものの、法人として起業する際には、必要になりますので、登記が可能なレンタルオフィスを選びましょう。

受付や電話対応サービスが料金に含まれているか

不在時に受付が来訪者対応をしてくれるかどうか、電話対応を行ってくれるかどうかも重要なポイントです。

最初のうちは外出が少なくても、用事のために半日オフィスを不在にしたり、ちょっとした買い物に出かけたりというようなことはよくあることです。

 

そのような不在時に誰かが急にたずねてきたとき、受付コンシェルジュがいると安心です。『●時に戻る予定です』『担当が外出していますので資料をお預かりいたします』など、受付コンシェルジュが対応してくれれば、気兼ねなく外出することができます。また、スムーズな電話対応があれば、相手先も不信に感じることはありません。

 

業務が増え、不在時の受付対応や電話対応サービスが必要になったとき、サービスが有料、あるいは、サービスそのものを行っていないレンタルオフィスも多く存在しています。

受付・電話対応があるレンタルオフィスは料金も高くなりますが、「信頼を買う」という考え方で検討すると良いでしょう。

料金体制が場所貸しか、時間貸しか

レンタルオフィスの料金体制には、大きく分けて「時間貸し」「場所貸し」の2つがあります。

「場所貸し」の場合は、「時間貸し」と比べて基本料金は高めの傾向がありますが、レンタルオフィスの利用時間が多くなることが最初から予測できる際には、多少高くても「場所貸し」の方を選んでおくほうが懸命です。

「時間貸し」は短時間の利用は安くても、長時間の利用時には、追加料金を取られ、結果的に高くつくことが考えられます。

 

格安のレンタルオフィスに多いのが、決められた利用時間ごとの料金設定や、1時間毎の料金設定など、「時間貸し」による料金体制です。

「場所貸し」とは違い、時間ごとの利用料金のため一見安いように見えますが、利用時間や利用日数が多くなると、結果的に高くつく可能性がありますので注意が必要です。

会議室やインターネットなどの設備代が基本料金に含まれているか

料金が高いレンタルオフィスには、ほとんどの場合、事業を進めていくうえで必要だとされる設備がすでに揃っています。

仕事で使うことが多い会議室や商談スペース、インターネットなどを格安で利用できたり、基本料金の中に組み込まれていたりすることが多いのが特徴です。

 

レンタルオフィスの料金が多少高くても、「会議室が安く利用できる」「インターネット使い放題」であれば利用価値は高いです。レンタルオフィス選びの重要なポイントの一つです。

 

反対に格安のレンタルオフィスは、「設備代」「光熱費」「荷物ロッカー代」が別途発生したり、仕事をするうえで必要となる複合機利用料が割高であったり、解約時に高額な費用が発生する場合があります。

レンタルオフィスのタイプによって料金は大きく変わる

「レンタルオフィス」と一言でいっても、完全な「個室タイプ」から、ひとつのフロアにあるフリー席を、都度利用する「シェアスペースタイプ」、「ブースタイプ」など、さまざまなタイプのレンタルオフィスがあります。必ずしも「レンタルオフィス」=「個室」とは限りません。レンタルオフィスのタイプによって料金が大きく異なりますので、契約前に必ず確認しておきましょう。

個室タイプ

個室タイプのレンタルオフィス

壁で仕切られた、個人用の執務スペースを割り当てられるタイプです。

メリットとしては、他の利用者と隣り合わせである「シェアスペースタイプ」や「ブースタイプ」と違い、プライバシーが守られ、音も響きにくく、より仕事に集中しやすい環境であることです。

室内の空調に関しても、個別空調であれば、周りの利用者に気を遣うことなく、仕事をするのに快適な温度に設定できるというメリットもあります。

セキュリティ面においても、個室が専用キーで管理されているレンタルオフィスを選べば、一番安全な部屋タイプといえるでしょう。

 

デメリットとしては、個室を提供されるため、月々の基本料金が他のタイプより高めに設定されていることです。

 

さらに、個室タイプといっても、天井から床まで壁で完全に仕切られているタイプから、簡易パーテーションのような薄い板1枚で仕切られているタイプまで、さまざまな部屋があります。

音漏れなどの問題をふくめ、業務に集中できる環境であるかどうか、事前に内覧をして確認をしましょう。

ブースタイプ

ブースタイプのレンタルオフィス

上記で紹介した「個室タイプ」とは違い、ひとつのフロアにある複数のフリー席を、簡易パーテーションのような板1枚で区切り、区切られた執務スペースを利用者がそれぞれ使用するのが「ブースタイプ」です。

個室ではないので、扉は付いていません。

 

メリットとしては、フリーデスクを他の利用者と共有するタイプのため、「個室タイプ」よりは月々の基本料金が安い傾向にあります。

 

デメリットとしては、向かいや隣とを隔てる簡易的な仕切りがあるため、プライバシーは多少守られますが、あくまでフリーデスクに仕切りがあるだけなので、雑音の問題はどうしても出てきてしまいます。また、個室ではないため、離席の際など、機密情報の取り扱いには注意が必要です。

シェアスペースタイプ

シェアスペースタイプのレンタルオフィス

「シェアスペースタイプ」は、上記で説明した「ブースタイプ」より、さらにオープンな環境の部屋タイプです。フロアにあるフリーデスクを利用する点では「ブースタイプ」と似ていますが、「シェアスペース」の場合は簡易仕切りもなく、利用者同士を隔てるものはありません。

イメージとしてはカフェやラウンジに近く、デスクというよりはフリーテーブルに利用者がそれぞれ座って、仕事をするような場所です。

 

メリットとしては、上記で紹介した「個室タイプ」や「ブースタイプ」と比べ、格安な月額料金で利用できる点です。場所によっては、ワンコインから利用できるところもあるようです。

 

デメリットは、かなりオープンな環境のため、仕事をする場所としては集中しにくい環境である点です。周りの視線や音が気になる方は、長時間集中力をキープすることが難しい可能性があります。

また、周りの利用者から容易に見られるオープンな環境にあるため、セキュリティ面に関して、「ブースタイプ」以上に厳重な注意をはらうことが必要になります。

レンタルオフィスの料金は何をチェックすればよいのか

レンタルオフィスを選ぶ際には、月々の利用料金だけでなく、初期費用やこれから事業に必要になる設備代など、トータルでかかる費用をチェックしておくことが大切です。

 

一般的にレンタルオフィスで発生する料金は、下記のような項目です。

運営会社によって、基本料金に含まれるものや、別途料金が発生するものがあるので事前に確認しましょう。

 

・保証金(※1~5ヶ月程度)

・入会金・事務手数料

・共益費・管理費

・光熱費(水道代・電気代)

・設備代(会議室利用料金・インターネット料金・OA機器利用料金・その他、給湯室などの利用料金)

・受付・電話対応サービスの利用料金

安くレンタルオフィスを借りるコツとは

レンタルオフィスを安く借りるコツは、キャンペーン情報をチェックすることです。

ほとんどのレンタルオフィス運営会社は、月替わりなどのキャンペーンを定期的に行っています。

そのため、キャンペーンが終了する間際のタイミングで問い合わせや内覧を行うと、初期費用や賃料などの料金交渉がしやすいことがあります。

ただし、キャンペーン終了間際となると、募集状況が変わってしまうこともあるので注意も必要です。

 

事業をはじめて間もない段階では資金も限られているため、レンタルオフィスの利用料金も可能な限り安く抑えたいものですが、大切なことは、しっかりとした事業計画を立て、長期的な目線を持ち、その上でなるべくコストをかけずに利用できる場所を探すことです。

 

長期的に見て必要のないようなコストは削り、逆に今後確実に必要となるようなサービスや設備があるのであれば、そういったものを最初から備えているレンタルオフィスを選びましょう。

アントレサポートのレンタルオフィスが選ばれる3つの理由

東京の一等地である渋谷・四ツ谷のレンタルオフィスを利用できる「アントレサポート」は、創業から18年以上運営している業界のパイオニアとして、数多くの起業家のお客様をサポートしてきた信頼と実績があります。

1.東京の主要都市であるアクセスの良いブランド住所

「アントレサポート」では、東京の主要都市である渋谷・四ツ谷のブランド住所をレンタルオフィスとして利用できます。

アントレサポートの四ツ谷レンタルオフィスはアクセス抜群

「四ツ谷オフィス」は駅から徒歩30秒という好立地にあり、JR 中央線・総武線・東京メトロ丸の内線・南北線の計4線が利用でき、さらに都内の主要駅である新宿駅や東京駅まで約10分以内と、電車でのアクセス環境も抜群です。


アントレサポートの渋谷レンタルオフィスは路面店

 

「渋谷オフィス」は、IT起業やベンチャー企業から人気の高い渋谷のオフィス街に位置し、駅直結の渋谷マークシティを抜け、徒歩5分以内のところにあります。

ビルのフロアに複数の会社が入っているようなオフィスではなく、1階のすべてがアントレサポートのオフィスとなっており、ガラス張りのお洒落なエントランスで、外から受付カウンターが見えるのも安心です。

2.受付に女性スタッフがいる安心感

不在時に思いがけず、取引先やクライアントが急にたずねてくるシーンはよくあります。そんなとき、受付秘書によるスムーズな対応があれば、相手先にも不信に思われずに済み、安心です。

来客時には女性スタッフが笑顔でお迎えし、会議室や商談スペースへのご案内時にはティーサーブも行っています。入居者様が不在時の来訪の場合、名刺や書類をお預かりして、メールで報告を行っています。

事務的な対応ではなく、心のこもったサービスを心がけています。

3.会議室利用が無料

社内ミーティングやクライアントとの商談など、会議室や商談スペースの利用はビジネスに欠かせません。

アントレサポートなら、追加料金を支払うことなく無料で会議室や商談スペースを利用でき、回数制限もありません。事前に予約さえしていれば、基本料金の中で、必要なときに何度でも利用が可能です。

  • 東京四ツ谷オフィス:会議室
    四ツ谷3階 会議室
    社内会議はもちろん、セミナーや講演にもご利用可能です。 
  • 四ツ谷オフィス:商談スペース
    四ツ谷3階 商談スペース
    会議室横にあります。打合せなどにご利用ください。
  • 東京都四ツ谷オフィス:4階 9名用会議室
    四ツ谷4階 9名用会議室
    ホワイトボード、プロジェクター、スクリーンが無料利用可能です。
  • 小会議室
    四ツ谷4階 小会議室
    4名掛けのテーブルとホワイトボードがあります。
  • 会議室:渋谷 4名用個室会議室
  • 商談スペース:渋谷 商談スペース

 

このほかにも、18年以上起業家をサポートしてきた経験を活かし、登記代行や社会保険手続き代行など、入居者様の状況に合わせてさまざまなサポートを行っています。

アントレサポートは、入居者様が安心して利用できるようなオフィスづくりに励んでいますのでどうぞお気軽にご相談ください。






お問い合わせ・内覧申込みフォーム
お問い合わせ・内覧申込みフォーム