成功した女性起業家に学ぶ!アイデアをビジネスに変えるまでの方法

 
成功した女性起業家に学ぶ!アイデアをビジネスに変えるまでの方法


 

「起業」という言葉を聞いて、どんなイメージをお持ちになるでしょうか。


・男の人がやる仕事

・手続きなどが難しそう

・お金がかかりそう

・失敗したら大変…

 

恐らく上記のようなイメージをお持ちの方は多いかと思います

確かに、まだまだ日本は男性社会の色が強いですし、事業形態や仕事の種類によっては最初に手続きや費用が必要になります。

しかし、成功した女性の起業事例も最近では非常に多くなり、テレビや雑誌でインタビューを受ける女性起業家を見かけることも多くなりました。

 

そこでこの記事では、女性におすすめと言われる職種をご紹介しつつ、成功した女性起業家の事例を踏まえて、

アイデアをビジネスに変えるまでの方法を探ってみたいと思います。

最後に「実は、女性は起業に向いている」という理由も解説しますので、ぜひご参考になさってください。

 

女性におすすめと言われる主な職種

 

最初に、日ごろから忙しいビジネスマンやサラリーマンなど、個人でも成功できるビジネスアイデアをご紹介します。

冒頭でお伝えしたとおり、女性は起業に向いていると言われていますが、女性ならではの強みや優れた能力がその理由です

 

・美容系の知識が豊富

・話を聞く力がある

・人の気持ちを察する

・家事や育児の知識がある

・コミュニケーション能力が高い

etc…

これらを基に女性におすすめのビジネスを考えてみましょう。

フリーマーケットや移動販売、つまり屋台などで稼ぐのは、仕事が休みの日なら可能なビジネスです。

そしてシェアビジネスこそ幅広いものと言えますが、カーシェアリングやブランド品シェア、ゲーム機などの娯楽品レンタル、冠婚葬祭用アイテムのシェアなど様々なものがあります。

これらはまさに、週末だけの稼働が可能なビジネスです。

そして、最後のFXや不動産投資ですが、これは「ビジネス」と捉えるか「投資」と捉えるかは人により考えが異なります。

注意したいのは、仕事中もチャートを見てトレードを行うなんてことのないようにしなければいけません。

投資は目先の利益ばかり追うのではなく、落ち着いた姿勢でマクロな視点で行うことが大事だからです。

どちらにしても継続的に収入を得られているのであれば、もうそれは立派なビジネスです。

1.サロン・教室・スクール

女性の起業で人気があるのが、「サロン」「教室」「スクール」の開業です。

例えば「着付け教室」「料理教室」「プリザーブドフラワー教室」など、女性に特化した分野も多いことから、女性の起業家が多く活躍しています。

また最近では「子育てサロン」「ベビーマッサージ教室」など育児系の教室も流行しており、主婦でも起業可能なことがよく分かります。

2.ショップ経営

ショップ経営は「ネットショップ」と「実店舗」に分かれます。

実店舗と言っても、不動産を購入してお店を開業するという大掛かりなものでなく、

空きスペースを活用して土日などの週末起業という形でも起業できますし、

ネットショップならすぐにでも事業が開始できます。

手先が器用なら「オリジナルアクセサリーの販売」や、自分の好きなものを紹介して販売する「セレクトショップ」を始めたり、

きれいな風景を撮影して「画像販売」を行うなど、ショップの種類も幅広いため女性の起業におすすめと言えます。

3.美容系サロン

先ほども「サロン」という言葉が登場しましたが、ここでご紹介するのは「ネイル」「エステ」「ヘアメイク」など直接お客様を施術するサロンです。

サロンの開業は専門的な技術や資格が必要になることが多いため、ネットショップや教室のように、

集客さえできれば気軽に始められるものではありません。

ただ、女性には需要のある職種ですので、手に職という意味で資格を取得しても良いでしょう。

3.美容系サロン

先ほども「サロン」という言葉が登場しましたが、ここでご紹介するのは「ネイル」「エステ」「ヘアメイク」など直接お客様を施術するサロンです。

サロンの開業は専門的な技術や資格が必要になることが多いため、ネットショップや教室のように、集客さえできれば気軽に始められるものではありません。

ただ、女性には需要のある職種ですので、手に職という意味で資格を取得しても良いでしょう。

4.クラウドソーシング

女性の起業ということで、最近最も活用されているのが「クラウドソーシング」です

職種としては「ライター」「プログラマー」「WEBデザイナー」「コンサルタント」など様々ですが、

特にライター業は誰でも気軽に始められることもあって、競争率が非常に高くなっています。

起業のハードルを下げてくれてプチ起業も可能、

女性の起業という点では、大変有用なサービスがクラウドソーシングのメリットですので、

自分の得意とする分野で案件がないか探してみてはいかがでしょうか。

5.代行系ビジネス

これをお読みの方で、お気に入りのコスメティックサロンがあるという方はいらっしゃるのではないでしょうか。

実はそこでお買い物すること自体がビジネスになることもあります。

ネットショップが当たり前に利用される時代になり、東京のお店で売っている物を購入して地方の方に送る「買い物代行」にも一定の需要があります。

一時は人気家具メーカーの「IKEA」の商品の購入代行が流行った時期もあったほどです。

代行ビジネスは購入系だけでなく、「家事代行」「ベビーシッター」など種類は多くあります。

女性ならではの視点で代行できるビジネスを探してみてはいかがでしょうか。

有名起業家に学ぼう!起業を成功に導いた秘訣

 

さて、女性の起業にオススメのビジネスをいくつかご紹介しましたが、実際に大成功した女性がいるのだとすれば、どんなアイデアで、どのくらいの成功を収めたのか気になるところです。

女性や主婦の方に限らず、起業を考えるにあたって成功者の実例を知ることは成功のための良いヒントになりますので、いくつかの起業年代別での成功事例をご紹介します。

バーチャルオフィスでベンチャーを起業するメリット

1. 【10代】オリナス株式会社代表 大関綾さん

最初にご紹介するのは、美人の女社長ということで男性のファンも多くいる、元・株式会社ノーブル・エイペックスの大関綾さんです。

なんと高校2年生の時にアパレル業で起業を果たし、WEBマーケティングを主力事業とする会社の代表取締役として活躍されています。

現在は「オリナス株式会社」に社名変更さていますが、起業当初、IT企業が続々と増える中で「ものづくり」こそ逆に勝負できる分野ではないかと考えていたそうです。

 

2. 【20代】株式会社ブラウンシュガー1ST代表 荻野みどりさん

ココナッツオイルブームの火付け役とも言われる荻野みどりさん。

「わが子に食べさせたいか」を基準にした食材で作った洋菓子店を20代で開業し、現在は年商7億円の企業にまで成長しました。

主婦や学生の方は時間の自由度が高いこともあり、上記に挙げたもの以外にも様々なビジネスがあります。

起業したのは、2011年に第一子を主産したお子さんに母乳を与えたところ湿疹が出てしまい、

自分や子供の食生活について真剣に考えたことがキッカケとのこと。

3.【40代】ブックオフコーポレーション株式会社・元代表 橋本真由美さん

既にご存知の方も多いかもしれませんが、タレントの清水國明さんの実姉である橋本真由美さんは、中古本の買取販売が主力であるブックオフコーポレーションの元代表取締役です。

起業とは少し違いますが、なんと1990年にブックオフ1号店にパートとして入社し、2006年に代表取締役になったという異色の経歴を持つ方でもあります。

代表取締役にまで登りつめられた理由は、「売ってもらった本を棚に並べて、またその本を別のお客様が買ってくれるという中古業にハマった」ということだったとのこと。

問題点はどこに!?事業に失敗してしまった事例

 

さて、成功事例から学べることは多くありますが、リスクヘッジという意味で失敗事例を知ることも非常に重要です。

ビジネスアイデアをいくつかご紹介しましたが、起業の仕方は種類や規模により違います。

「脱サラ」して一から開業するのか、2つ目の仕事として本格的に「個人事業」を行うのか、はたまた1章でご紹介したように週末だけや空き時間を利用した「副業」として起業するのかなどです。

その違いを踏まえて、起業の方法と違いを見てみましょう。

よくある事例を基に、起業の失敗となる要因をいくつか挙げてみたいと思います。



・サロンやセミナーに頼ってしまう

昨今は、上記までにご紹介したサロンとはまた別の「オンラインサロン」というものも流行しています。

オンラインサロンとは特定の有名人などが有料制で開催するコミュニティですが、残念なことに素人とほぼ変わりない、自称プロブロガーなどが開催するビジネス系サロンが多くあります。

また、「セミナー」というものも一時と比べて質が下がり、今では企業サービスの斡旋会場に成り下がってしまっている印象も否めません。

良質なサロンやセミナーがあっても、それに依存することはビジネスを失敗させるデメリットになり得ます。

 

経験者やメンター、成功者ブログなどから得られる情報は貴重ですが、考えを人に依存してはいけません。

自分がやりたいと思ったことをどのように成功させるかは、最終的に自分次第ということは忘れないようにしましょう。



・仕事をこなすことが仕事になってしまう

起業で大事なことは、事業を将来的にどうさせたいかというビジョンを持つことです。

非常によくあるのが、ある程度仕事が安定してくると仕事をこなすことがメインになりすぎてしまい、

事業を全体的に見るということができなくなるということです。

 

事業が軌道に乗ったと勘違いして戦略や財務をおざなりにしてしまうと、規模縮小どころか軌道修正できない事態に陥ってしまうこともあります。

 

自分が起業した当初の目標は何だったのか

その気持ちを忘れることのないようにしましょう。



・ブームを追いすぎる

先ほど、ココナッツオイルブームのきっかけとなった荻野みどりさんの事例をご紹介しました。

ただ自社工場は持つことはなく、ココナッツオイルブームも過ぎ去っていき、結果として「あの頃、工場なんて作っていたらどうなっていたか」とご本人も語られています。

この話に分かることは、ブームを追わないということです。

ブームの真っ最中は、まさにそれこそが絶対的な存在に見えますが、ブームということは競合やライバルが続々と参入してくるということでもあります。

荻野さんは失敗どころか未だ活躍される女性起業家ですが、ブームを追いすぎない姿勢は起業の上で学ぶべき大事なことと言えるでしょう。



成功者に多い特徴と必ず抑えるべきポイント

 
初めての起業でおすすめのビジネスは?自分に合う仕事を見つける方法3



では、起業した女性の成功者に何か特徴や成功するための秘訣などはあるのでしょうか。

ご紹介した3名の成功者の事例を見ると、最初は非常に単純な発想からアイデアが生まれたのだと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

ただアイデアがあれば成功できるということはなく、他の成功事例も探っていくと以下のような共通点が見えてきます。

・当初の起業目的や理念などを忘れない

・目先の利益より将来的なビジョンを持っている

・物事をミクロ、マクロの両面から見る

・常に学ぶ姿勢である

・人との付き合い方を考えている

・人の困ったことに気づきやすい

女性は男性よりも人の気持ちを察しやすいため、商品開発においてはニーズの掘り起こしが男性より優れており、

実は男性より女性のほうが起業に向いているという向きもあります。

 

 

そのため、思い立ったら行動、アイデアありきで起業する方も多いと言われていますが、

起業には商品開発だけでなく、オフィスを借りたり備品を揃えるためのイニシャルコストや、起業後の会社を継続させるランニングコストが必要不可欠ですので、常に資金計画の重要性を認識していなければいけません。

 

起業家精神として成功者の共通点を知ることは大事ですが、お金という存在から目を背けるわけにはいきません。

 

バーチャルオフィスを借りて在宅起業からスタートする、備品は安い中古品で揃える、税金の知識を身に付けるなど、

スタートから無理な資金計画で始めるのではなく、自分のできる範囲の中での最大限のマネタイズを考えることが起業を成功に導く第一歩と言えるでしょう。

 







お問い合わせ・内覧申込みフォーム
サービスWEB申込み